自己紹介

管理人マサアキ
アバターです。だいたいこんな感じ。青いジャケットは作業着のイメージです(笑)。

はじめまして。
「マサアキ」といいます。
リアルでは「マサアキ」とはあまり呼ばれず、苗字の方で呼ばれることが多いですね。
たまにおふざけで「マチャアキ~」とか呼ばれることもありますが。

今はとあるIT系企業でWebの仕事をしています。

グラフィックデザインの専門学校を卒業したあと、印刷・広告・出版業界で、いわゆるDTPとデザインの職に就きましたが、当時平成不況まっただ中だったにもかかわらず、とにかくブラックで忙し過ぎて、自分を含めたまわりの状況を把握する余裕も余力もないほど疲弊して、いわゆる思考停止状態になってしまい、新卒ということもあり、スタートから5年くらいは仕事が全然出来ず、怒られてばかりで悩みつつ会社を転々としていました。

それはそれは過酷でしたね(笑)。

当時を思い出すたびに自己憐憫と業界や会社に対するダークマターな負の感情が混じり合ったな んとも言えない感情がふつふつと湧いてきます(笑)

それでも徐々に仕事を覚え、評価されるようになり、自信もついて来ました。 そしてお仕事を色々と誘われるようになり、DTPオペレーター、グラフィックデザイン 、雑誌デザイン、制作進行管理、ディレクション、デジタルコンテンツ制作などなどと、将来のキ ャリア形成を考慮せずに誘われるままに何でもこなしたせいなのか? ギャラの交渉を一 切しなかったせいなのか? 結局20年以上働いても給料はほぼほぼ上がらず、むしろ職場環境は徐々に厳しくなってきました(それは、業界全体の不況が影響していて、もっと言えば日本全体の長く続いている不況が影響していて、今でも進行していると思います)。

このブログは私、マサアキが20年以上働いた DTP業界での実体験を語ります。 それは、後先を考えずに働き続けた自分も良くはないのですが、決して生易しいもので はなく、むしろ過酷な部類に入ると思いますね。

そんな自分でも、40歳を目前に思考停止状態を脱し、行動をはじめて、なんとかIT系企業に転職することが出来ました(それなりに大変ではありましたが)。
さらにここ最近はフリーランスも考えているんです。

このブログにたどり着いた方の中には今現在も過去のマサアキのような状況で疲弊してしまって思考停止状態になってしまっている方もいるのではないかと思います。

年号も平成から令和に変わった今、正直いって印刷・広告・出版業界で特に現場最前線で働き続けるのはもう厳しいと思います。
もっと言えば、わたし、マサアキは日本でサラリーマンを続けていくことに疑問も感じはじめています。
そのマサアキの主張を実体験交えてこのブログで切々と記事にしていこうと思いたったわけなのです。
マサアキのこのブログ記事がDTPをしていて悩んでいたり、迷っていたりする方の参考になれば嬉しいなと思います。

記事内用広告



記事内容広告





スポンサーリンク

投稿日:2020年1月26日 更新日:

執筆者:マサアキ

Copyright© DTPを辞めたいと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.