DTPオペレーター 業界の全体像

【我慢するだけムダ】DTPを辞めたいと思っていても辞められない人へ。大丈夫! あなたが辞めても会社は潰れない!? 中小の製版会社で一度に4人の中堅社員が辞めたけど会社は潰れなかった話をします。

投稿日:2020年2月6日 更新日:

DTPを辞めたいけどやめられなくて困っている人

DTPの仕事が辛くて給料も安いし、もう辞めたいんだけど、なかなか言い出せないんだよね。

上司に引き留められそうだし、自分が抜けると職場の同僚にも迷惑がかかりそうで……。

それに、引き継ぎなんかも忙し過ぎてする時間もないし……。

もう、どうしたら良いんだろう……。

こんにちわ、マサアキです。

だいぶ参っているようですね。

でも、こんな悩みはDTP・デザイン業界では(だけに限らず?)「あるある」ですよね、つまり日常茶飯事。

質問者さんみたいになったこともマサアキもありますし、職場のまわりでもこういったケースは枚挙にいとまがありません。

それくらいこの業界は過酷なんだってことですね。

もう、結論を言ってしまうと、
「とっと辞めた方が良いですよ~」ですね、
これしかないです、はい。

特に質問者さんみたいになってきたら、
もう末期症状なので早急に手を打たないと心まで病んできますよ(マジで)。

というわけで今回の目次です

  • 心配無用! あなた一人くらいが辞めても会社は潰れませんから
  • 中小の製版会社で一度に中堅社員が4人辞めても会社は潰れなかった話
  • 逆に、誰もあなたを「本当の意味で」幸せにしてくれません。あなたはあなたの幸せを追求するべき
  • なにわともあれ、自分が疲弊してしまっているのなら、いったん休息する時間を取るべき

では順番に見ていきましょうか。

心配無用! あなた一人くらいが辞めても会社は潰れませんから

1人や2人の会社ならともかく、
そもそも一人抜けたくらいで会社がつぶれたり、
業務が停止したりするわけないじゃないですか。

そのために従業員が複数人いるわけなんだから。

逆に本当に「自分がいなければ仕事がまわらない」なら、
もっと高給でVIP待遇なはずですよ。

誰にでも出来るから安い給料で過酷な仕事なんです、
ある意味では騙されていると言ってもあながち間違いじゃあないかもです。

この後で詳しく述べますが、
DTP・デザイン業界なんて離職率が高くて人がごっそり抜けるのも珍しくないんです。

バックレとかもちょこちょこと見かけますし。

パワハラ上司に怒鳴り散らされて、
入社初日で辞めちゃうケースも1人や2人じゃなかったし(笑)。

今でこそこうやって話せるけど、マサアキの最初の職場なんか直前に辞めた人が使い込みをしていて、しかもそれが原因で倒産しっちゃてますから(笑)。

世の中、本当にいろんな人がいるんですよ。

「自分が辞めると迷惑がかかる」なんていう人が今時いるのかいないのかはわかりませんけど、

迷惑なんてお互い様です!

会社なんて迷惑を「かけたり」「かけられたり」で成り立っていますから。

「迷惑をかけたくない」なんて、
社会人としては立派ですけれど、
そんなこと言ってるとかえって付け込まれて、
使われるだけ使われちゃいますよ。

特に分からんちん(分からず屋)の管理職連中って、
そういう妙に責任感の強い人に難しい仕事を押し付けがちです、
また、そういった嗅覚だけは異常に発達しています(笑)。

マサアキはそう感じるフシが何回もありました。

「迷惑かけるのはしょうがない」くらいの心持ちでいた方が、
かえって長く働けるもんです、
人生長いのですから(笑)。

さぁ、

もう、

後ろ足で砂かけるようにして辞めちゃいましょう(笑)。

中小の製版会社で一度に中堅社員が4人辞めても会社は潰れなかった話

上記の経験をしてマサアキは、

「あぁ、サラリーマンなんて、そんなもんなんだ~」

って心持ちになりました。

なんだろ、
辞めちゃった中堅社員たちにしても
辞めさせちゃう経営者にしても「さっぱりしているなぁ~」って感じましたね。

そうなってしまう土壌がこの業界にはあるのですね。

むしろこちらの方がサラリーマンの世界としては健全だったりして……。

かつての出向先で、
それぞれのチームでリーダーをやっていた中堅のプロパー(正規雇用)さんが4人一斉に辞めちゃったそうなんです。

その時、マサアキは別の職場に出向していて、そこに出向しているスタッフと飲みに行ったときに聞きました。

マサアキがいた時から不満はタラタラだった(4人とはそこそこ仲が良かったんです)けど、中途採用だったし年齢的にも辞めないだろうと思っていたら、辞めてしまいました……(笑)。

示し合わせたのか、そんなつもりはなかったのか。

どちらにしても4人も一斉に抜けたので、
影響がないわけはないはずで。

でも、補充が滞りなく済んで業務は継続されたそうです。

ですが、
この職場、
この抜けた4人が中途採用で入る際も同じようにごそっり抜けられているんですね。

いつも離職率が高いので、
現場にノウハウが蓄積されず、
いつも同じような問題が起きて、
同じようなミスが発生していました。

とりま、この離職率が高くてノウハウが蓄積されないで現場が疲弊していくというのは、どこの職場も同じようなものですが。

そんなもんです、こういう時はまだ潰れないんです、会社って。

代わりはいくらでもいるんです。

だとしたら、
そんなに責任感もって働かなくて良いし、
頑張って働き過ぎてカラダ壊しちゃうのもバカらしいなって思いませんか?

頑張って働くにはもっと違った動機付け
(人それぞれだと思うけど、例えば、気の合う同僚とか、仕事自体が面白いとか、社会の役に立つとか)
必要だなってマサアキは思います。

逆に、誰もあなたを「本当の意味で」幸せにしてくれません。あなたはあなたの幸せを追求するべき

今のその状況で、
そしてその職場で、
嫌々でも働いてさえいれば、
「食いっぱぐれ」はないとは思いますよ。

でも、
その状態だとおそらく給料は増えないし、
出世なんか当然ないだろうし、
もしかしたら会社自体が潰れてしまう可能性だって大いにあるはずです。

仕事がブラックなのはそもそも、
会社全体、
業界全体が稼げる状況じゃないからブラックなのですから。

仮に定年まで勤め上げたとして、
その時点で何が残っているんですかね?

お金? 人脈? スキル? マサアキにはそれらがどんだけのものかマユツバものと思っちゃいます。

マサアキの場合は転職を4回もすることになりましたが、転職するたびに給料は上がりました、徐々に下がって来たけれども(笑)。

それを繰り返して、
それでもう限界を悟ったので他の業界に転職したわけです。

「転職するのは大変」、「新しい職場になじめるか不安」、「次の仕事が見つからなかったらどうしよう」などなどあると思ういますが、あなた自身が行動して今の状況を少しづつでも変えていかないと、あなたが望む、「働きやすい職場」にはならないとマサアキは思います。

もっと言えば、
あなたの方から行動しないと理想の仕事や、
やりがいのある仕事、
安心して仕事に専念できる環境って手に入らないと思います。

そういった意味で誰もあなたを
「本当の意味で」
幸せにしてくれませんよっていうわけです。

なにわともあれ、自分が疲弊してしまっているのなら、いったん休息する時間を取るべき

理由は先にも述べた通り「自分が一番大事」だからです。

ブラック企業の「わからんちん管理職連中」にそこまで義理立てする必要はないと思いますよ。

従業員が普通に働いて、ちゃんと暮らせるだけの給料さえ払えない、利益が出ない、ビジネスとして成り立たない会社なのですから(ちなみに役職のついている連中の取り分はそれなりにあるはずです)。

利益を出す能力がない人たちが経営する職場で、
まじめに働く人たちがブラック労働するよりも、

きちんとした職場で活き活きと働いたほうが日本経済にもプラスになるだろうっていうのは明白ですよね。

  • 長時間労働がたたって血尿がでて入院したり
  • クライアントからの無理難題でストレス性の胃潰瘍になって血便をだして、仕事中に救急車で担ぎ込まれたり
  • 長年寝泊まりしながら働いていた不摂生から心不全になって亡くなったり
  • 他にもガンになって亡くなったりした人も知っていますから、枚挙にいとまがないです
  • みんな40~50代の働き盛りでした(全て実例ですからね!)

詳細はこちらの記事を読んでください。
▼▼▼

「そんな簡単にやめられない」なんていうのなら退職代行なんてどうでしょう?
マサアキの周りでは利用した人はいませんが、確実に辞められるし、万が一の時の返金保証があるところもありますしね。

  • 【退職代行コンシェルジュ】退職後は無料で転職支援、退職完了まで回数無制限で相談可能、退職率100%を実現、万が一退職できない場合返金保証
  • 【男の退職代行】退職の相談は無料、追加料金なし、転職サポート、起業・独立・開業サポート(無料)、転職お祝い金最大5万円プレゼント、退職できない場合の全額返金保証あり
  • 【わたしNEXT<退職代行>】女性の退職代行に特化、退職の相談は無料、追加料金なし、転職サポート、起業・独立・開業サポート(無料)

ともかく、病気になってからでは後が大変ですよ、
後々の人生に影響が出てきますから。

特に心の病気の方は治るのに時間がかかりますしね。

自分のためにいったん休養をとることをマサアキはお勧めしますね。

とっとと辞めることですよ~。

この手のテーマで書いていると、マサアキ自身も気が滅入ってくるのでこの辺で(笑)。

それではっ。

この記事を書いた人:マサアキ

デザインの専門学校を卒業した後、DTP・デザイン業界の現場最前線で紆余曲折しながら約20年間働きました。
この記事とブログは私、マサアキの体験をもとに書いています。
転職サイトやフリーランスサイトなどでは語られない現場でのリアルなエピソードを盛り込んで記事にしていますので、どうぞお楽しみ(?)ください。
マサアキの経歴は以下の記事で詳しく紹介しています。

▼▼▼

記事内容広告



レスポンシブ広告





スポンサーリンク

-DTPオペレーター, 業界の全体像

Copyright© DTPを辞めたいと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.